【夏の白山・荒島岳 Day1】猛暑の登山と白山室堂の絶景

例年になく猛暑の8月、北陸に遠征して白山と荒島岳に登ってきました。
2020年はコロナ禍のために山小屋の客も少人数で、徹底的な衛生対策をしていました。

【白山】
標高:2702m 石川県 百名山、花の百名山
富士山、立山と共に三大霊山の1つ。花の百名山でもあることから、季節に応じて様々な花が咲く、高山植物の宝庫。御前峰(最高峰)、剣ヶ峰、大汝峰の三峰からなる。
登山レベル:★★★☆☆(中級)
→白山室堂に泊まるコースだと1日目が4時間、2日目が5〜6時間の行程

【全行程】
往路:羽田空港→小松空港
1日目:小松空港→[レンタカー]→別当出合
別当出合[12:30]→中飯場→其之助避難小屋→黒ボコ岩→室堂平 ※宿泊

2日目:室堂平→白山山頂→室堂平→黒ボコ岩→殿ヶ池避難小屋→別当分岐→別当出合→温泉→越前大野城 ※越前大野泊
3日目:越前大野→[レンタカー]→カドハラスキー場
カドハラスキー場→元リフト終点→分岐→中荒島岳→荒島岳→中荒島岳→分岐→元リフト終点→カドハラスキー場→温泉→小松空港
復路:小松空港→羽田空港

小松空港から別当出合へ

小松空港でレンタカーをして、白山の登山口である「別当出合」を目指します。車で1時間走ると、途中ゲート前で車が渋滞…。どうやらゲートが閉まっているようです。
管理事務局に電話して聞いてみると、前日大雨が降った影響で、崩れていないかどうかをチェックしているから、あと1時間ぐらいしたらゲートが開くということでした。

仕方ないので、他の車の後ろについてゲートが開くのを待っていると、30分ぐらいして動きが…。どうやらゲートがひらいた?

ゲートが開くのを待っている車の列

慌てて車に乗って、白山の別当出合を目指して運転再開です。左右にカーブする山道を30分ぐらい走ると、駐車場に到着。

白山登山口、別当出合の駐車場です

ゲート待ちをしたためもあって、着いたのは真昼の12時。登山開始の時間としては遅いスタート。かつ空は青く、陽が燦々と降り注ぐ、真夏の炎天下…暑いです!

今回はコロナ禍の影響もあって、小屋泊ですが、寝袋とマットが必要です。いつもより少し重い荷物を担いで、今日は5時間ほど登ります。

駐車場からバス停まで登る

登山口から「砂防新道」を通り、其之助避難小屋へ

登山口になる別当出合のバス停は駐車場から15分ほど登ったところにあるのですが、その15分ですでに汗だくになりました。

バス停の前は売店にもなっていました。水はここでもらうこともできます。白山は水場がたくさんあるので、あまり持っていかなくてよいのは助かりました。
登山口からは「砂防新道」を通って、本日の宿、白山室堂を目指します。

登山口。ここからスタートです
まずは橋を渡ります。かなりの高さのある橋です
橋の上からの景色です。山と川の雄大な風景

橋を渡ってからは樹林帯を登っていきます。風がないので蒸し暑く、登っていくのも大変…。

樹林帯を登ります…暑い
石の階段もある

登山口から1時間弱で、中飯場という休憩所に到着。ここは水場もトイレもあります。ここでも水が補給できるのはありがたい…。

中飯場。少し展望が開けました
トイレと水場があります

少し休憩してから、再び登り始めます。
8月の午後1時過ぎ。標高もまだ低いので暑さは続いています。

紫陽花がまだ咲いてる
視界が開けてきました。砂防が見えます。

樹林帯を抜けて、稜線見える辺りにやってきました。
青い空と山の稜線がキレイです。

山の稜線が見えてきました
山並みを眺めながら登っていきます
たんぽぽと山。色あいがかわいい。

3時前に、其之助避難小屋に到着しました。登山口から3時間弱です。
少し雲が広がり日差しが柔らかに。標高も上がってきたので、休憩していたら、涼しくなってきました。

水もくめます。トイレもあります。施設が充実してる山…。
テーブルとベンチがあるので、ここで少し休憩。山並みがよく見えます

其の助避難小屋から黒ボコ岩へ

避難小屋から、白山室堂へ向けて、登山再開です。
夕方に近くなってきて、標高もあがったので、だいぶ涼しくなって動きやすくなりました。

室堂まであと2.3km
避難小屋の赤い屋根が木々の中に見えます
デンプみたいな花…かわいいピンク
ここでも途中に水場があります。自然の水は冷たくて美味しい。
青空が復活。でももうそんなに暑くないです。
緑の山肌に石造りの橋が見えます
橋に近づきました。川が流れていて気持ちよい場所。
石畳の階段を登っていきます。

太陽はやや傾き、少し夕方の日差しになりましたが、頭上の空は晴れています。下の方から雲が少しあがってきましたが、視界も開け、緑の斜面には花が咲き、気持ちよい山歩きを楽しめます。
うーん…いい景色!

山の緑がとても美しい
黒ボコ岩が見えてきました
あと一息!

16時すぎに黒ボコ岩に到着しました。避難小屋から1時間ぐらい。
標高は2320m。だいぶ登ってきましたよー。

黒ボコ岩。大きい!
巨岩の上で、空を飛ぶ!

黒ボコ岩から白山室堂へ

白山室堂まで、最後の上りです。遠くに白山の頂上が見えてきました。
一面の緑の低木の向こうに、白い山肌をちらりと見せて。

笹と低木のむこうに白山。
低木の中に続く道を上ってきました。
まっすぐ山にのびていく木道
登っている最中、振り返るとこんな絶景が!

あまりに綺麗な景色だったの動画でご覧ください!

17時ちょっと前に、白山室堂に到着しました。予定通り5時間程度の行程でした。赤い屋根の小屋はたくさんの棟があって、かなりの収容人数がありそうでしたが、今日は平日であり、かつコロナ禍で人数制限をしているためか、少しひっそりとした感じです。
受付で寝袋とマットをもってきたご褒美に500円券を頂きました。これで山バッチを買いました。

白山室堂到着しました!
室堂の池のまわりは秋の気配
受付の様子。みなさんマスクで、コロナ対策ばっちり。

白山の神社は、こやの後ろにありました。
白山を背景にした神社はなんだが神々しい感じ。神主さんは週末には来るそうですが、残念ながらこのコロナの状態でしばらく上がってこないとのこと。御朱印は次回にお預けです…。

白山の神社

あてがわれた部屋は2段ベットで16人以上入れる部屋でしたが、今日は2人だけ。全く密にならない状態です。床にはビニールが敷かれていて、衛生状態にも気を使われていました。

部屋の窓から見る白山。キレイ〜。

さて、お楽しみの夕ご飯!なのですが…今回はオールレトルトでした。
レトルトのカレー(さすが石川県だけあって、ゴーゴーカレーのパックでした)。パックご飯、パックゼリー、パックのお茶。
…温かみが足りない感じはありますが、この状況下では仕方ない!泊めてもらえるだけでありがたいです!

すべて使い捨てでの提供
ゴーゴーカレー。美味しかったですよ!!もちろん!
食堂はガラガラ。ソーシャルディスタンスでご飯を食べました。
受付まえのテルテル坊主がかわいい〜

部屋に戻って、持ってきたお酒で軽く飲み会しながら、コロナ禍でどうやって山にいくのかを友人と情報交換しつつ、夜はふけていきました。

今年、山小屋泊は初めてでしたが、やっぱり山は楽しい。良い景色を見たらなおさら山に行きたくなりました。

ほんのり夕焼けがきれいです
今日もお疲れさまでした!