【鳥取・島根 Day3】大山日帰り登山

大山

鳥取に来てから3日目になってようやく雨も風ない天気予報となりました。旅の最終日でしたが、今回の旅の目的、大山へアタックします。

【大山】
標高:1709m 鳥取県 百名山
中国地方最高峰。弥山から三鈷峰まで馬蹄形に岩壁がそそりたつ。夏山コースで弥山へ登るのが一般的。
登山レベル:★★☆☆☆(初級)

【全行程】
往路:横浜→[サンライズ出雲]→米子
1日目:足立美術館、境港
2日目:出雲大社、松江
3日目:大山日帰り登山
復路:米子→[サンライズ出雲]→横浜

【大山登山行程】
往路:米子→[バス]→大山寺バス停
行程:大山寺バス停(8:20)〜登山口(8:40)〜六合目避難小屋(10:00)〜八合目(10:40)〜大山・弥山山頂(11:05/12:10)〜行者別れ(12:50)〜元谷避難小屋(13:15)〜大神山神社奥宮(13:45)〜大山寺立ち寄り湯(14:10) ※ピストン、日帰り 約6時間※夏山登山コース
復路:大山寺バス停→[バス]→米子

緑豊かな樹林帯の登山

米子駅前から大山寺行きのバスに乗ります。朝1番の7:20で大山寺到着は8時過ぎ。大山寺についたら思った以上に涼しくて驚きました。
大山寺は観光地のようで、民宿やカフェ、お土産屋さんが立ち並んでいます。モンベルもありました。

大山寺のバス停
おしゃれなカフェがありました

民宿街を過ぎて大山寺橋を渡ると石段の道へ出ます。お寺に続く道がそのまま登山道へつながります。

登山道入り口
石段を登っていきます
途中にある神社。阿弥陀堂?

登山口から10分ほど歩いて1合目に到着。
長い梅雨の7月だったので暑くはなかったですが、雨あがりで少し湿気がある樹林帯の道です。

木の階段になりました。登山客が登っていきます
2合目に到着したのは9時5分。出発してから20分後
2合目からちょっと歩いて標高1000mに来ました
登山道を彩る紫陽花。きれいです。

階段を延々と登り続けて5合目に到着。登り始めて1時間ぐらいです。
太陽の日差しが出てきました。鳥取に来てから3日目にしてようやくの日差し。

裸足で登山をしている人に出会いました。足が痛くないんですか?と聞いたら慣れだそう。むしろ靴を履いているより快適に山を歩けますよと言われました。すごいです…。

六合目避難小屋から大山山頂へ

10時頃、六合目避難小屋に到着しました。避難小屋は工事中では入れませんでしたが、改装中ということもあって外観を見る限りはキレイな小屋でした。

6合目の避難小屋
大山の高い壁が見えました。

六合目避難小屋前で少し休憩をして、再び登り始めます。木は低木になって、日差しが一気に強くなります。

7合目到着
視界が開けてきました。雲の晴れ間に麓が見えます
階段から岩の多い登山道になりました
シモツケ?のピンクの花がキレイに咲いてます
木の階段を登っていきます。日差しがちょっと暑い。
山頂が見えてきました。

頂上付近の分岐に到着。ここから山頂まで緑のハイマツの中を木道を歩いていきます。気持ち良い、山頂の散歩道です。

行きはまっすぐ大山山頂へ向かいます
山頂に向けてまっすぐに木道がのびています。

分岐からちょっと歩いて、11時5分、大山山頂に到着しました。
山頂も工事中でしたので、仮の山頂の碑で記念撮影し、カップラーメンのランチをしました。

工事中のため、山頂はやや低め。ちょっと味気ないな…
関係者以外立ち入り禁止で、本当の山頂まではいけませんでした。
山頂付近では登山客がランチタイム
カップラーメンを食べてもそんなに暑くない気温でした
山頂から中海か宍道湖らしき湾が見えました。

山頂から行者登山道経由で大山寺へ

山頂でご飯をした後は下山を開始します。

石室があるコースを回って帰りました。低木の中に木道が続く道をゆるやかに下っていくと石室があります。

帰りは石室を回って帰りました。
草の中に池があります
切り立った山肌を下から雲が上がってきます。

六合目避難小屋まで戻り、少し下ると、行者分かれに出ます。行きとは異なる行者登山道を通って下山することにしました。
階段を下りていくと、巨木が立つの深い緑の谷に下ります。空間が開けて、木々が茂る森には癒やされました。

行者分かれ
緑が豊かで、巨木が立つ谷へ下りていきます。

谷から少し歩くと砂利が敷き詰められた広い「元谷」に出ました。残念ながら雲に覆われていましたが、晴れていれば大山の山並みが見えるそうです。ここには木に隠れるようにして元谷避難小屋があります。覗いてみると中は広くてキレイでしたが、少しカビ臭さがありました。あまり人が使っていないのかもしれません。

元谷に出ます。草のない広い砂利のスペース
元谷避難小屋。木立の中にあり、道が分かりにくい。
避難小屋の中の様子。広いですが、利用者も少ないのかカビ臭い…

避難小屋を覗いた後は、大山寺に向けて下山を続けます。また森の中に入っていきます。木の階段を下りていくと、紫陽花の咲き乱れる場所に出ました。一面に咲く紫陽花は圧巻でした。

大山寺に向けて元谷から下っていきます
ここも紫陽花がたくさん咲いていました
紫陽花の群生。圧巻です。
緑豊かな登山道です。

大神山神社奥宮と思しき、少し古くも大きな神社(少しお寺みたい)に到着しました。ここで無事に登頂できたことを感謝するお詣りをし、試しにおみくじを引いてみたら、なんと「大吉」でした。久しぶりに書いてあることが全部良い!っていうおみくじを見ましたw

大神山神社奥宮
立派な欄間彫刻。山間にありますが荘厳な感じです。
大神山神社奥宮の表参道から入る後ろ向きの門。
もともと寺だったのを神社に引き渡しそのまま利用したため逆向きの門になったとか。
石畳の道を大山寺へと戻っていきます
参道を出たところにあった「ひやしあめ」の旗に足を止めました。
冷やし飴。生姜の効いた甘い砂糖水。

サンライズ出雲のびのび寝台で帰路

大山寺では、立ち寄り湯に入りましたが、15時20分発の米子に戻るバスの時間まで1時間を切っていたので大急ぎ。周辺にはおしゃれなお土産屋さんがいっぱいあって、もっとゆっくり見たかったのですが時間がなくて残念。

ここからバスに乗ります
米子駅のバス停に戻ってきました。

米子の駅で、蕎麦屋さんに売っていた名物?(マツコの知らない世界でも取り上げられたと謳っている)さば寿司を頂きました。確かにサバが肉厚で美味しかったです。(吾左衛門鮓

吾左衛門鮓の鯖寿司。美味しかった!

帰りもサンライズ出雲で帰るため、出発の時間まで米子の居酒屋でご当地料理をいろいろ頂きました。
のどくろの塩焼き、白ネギの一本焼き、あなごトウモロコシ豆腐、いただき(鳥取の郷土料理)、それから地場のお酒…。
登山も終えて後は帰るだけなので、心ゆくまでご飯もお酒も楽しめました。

のどぐろの塩焼き
白葱の一本焼き。長い!ハサミで切っていただきます。
穴子にもろこし豆腐にミョウガ?オリジナル料理らしい
鳥取のご当地料理「いただき」なるもの
おあげに炊き込みご飯を入れて蒸したもの。

18時16分の米子発のサンライズ出雲に乗り込みました。行きはリッチにシングルだったのですが、帰りはリーズナブルにのびのび座席で。
時期が時期だったので、あまり混んではおらず、友人とお酒の続きを楽しみながら夜の電車を楽しむ事ができました。

サンライズ出雲ののびのび座席。布団とシーツがあります。
隣の席とを仕切るカーテンはなく、廊下と座席を仕切るカーテンのみ
手元の明かりとコップのみのシンプルな設備。
電源はありませんでした。

今回の山旅は「サンライズ出雲」で往復楽しんで、出雲大社や松江を始めとした山陰地方を観光もできたので充実した旅でした。梅雨で雨ばかりというのが残念でしたが、大山に登った時は晴れていたので満足度は高め。今度は冬の大山も来てみたいと思うのでした。