【シルバーウィーク笠ヶ岳Day2】絶景の尾根道と鏡池の逆さ槍

2日目は笠ヶ岳山荘から、弓折岳、鏡平を経由して新穂高温泉に戻ります。
コースタイム7時間の長い行程を歩くので、早朝に山荘を出発しました。日の出の槍穂を眺めながら、笠ヶ岳を背後に、双六岳を前に眺めながら歩く尾根道はとても楽しいものでした。

【行程】※本ブログは2日目の行程です
往路:東京→[夜行バス]→新穂高温泉(6:20)
1日目:新穂高温泉(6:40)→笠新道登山口(7:35)→杓子平(10:50)→抜戸岳笠新道分岐(12:10)→笠ヶ岳山荘(13:30/13:55)→笠ヶ岳山頂(14:10)→笠ヶ岳山荘 ※宿泊
2日目:笠ヶ岳山荘(5:00)→抜戸岳笠新道分岐(6:15)→秩父平(7:10)→大ノマ岳(7:50)→弓折岳(8:30)→弓折分岐(8:40/8:55)→鏡平山荘(9:20)→ワサビ平小屋(11:10)→新穂高温泉ロープウェイ駅(12:20)
復路:新穂高ロープウェイ→[バス]→平湯(立ち寄り湯)→[バス]→松本→[あずさ]→東京

YMAPの地図

笠ヶ岳山荘から早朝の尾根歩き

朝5時、9月の遅い日の出を待ち、空が白み始めたときに、笠ヶ岳山荘を出発しました。
今日は昼過ぎの新穂高温泉からのバスに乗る予定なのですが、弓折や鏡平を経由して歩くとコースタイムが7時間程度。なので、ちょっと早めの出発です。

笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳山荘からの槍穂の夜明け

だいぶ空が明るくなったので歩き始めます。
晴天の笠ヶ岳山頂から日の出を見たかったのですが、次の機会にとっておいて、まずは出発です。

笠ヶ岳から鏡平
今日の山頂は景色がよく見えそう
笠ヶ岳から鏡平
まだ足元が暗い中、岩だらけの急坂を下りて、テント場に到着
笠ヶ岳から鏡平


昨日登ってきた抜戸岳、その向こうの弓折岳に連なる尾根道を歩きます。早朝の道はまだ暗いのですが、山の向こうに広がる朝やけの空がキレイでした。

笠ヶ岳から鏡平
槍穂の向こうの空は明るくなってきた

笠ヶ岳から鏡平
振り返ると笠ヶ岳と月
笠ヶ岳から鏡平
前方の朝焼けの槍の穂先
笠ヶ岳から鏡平
どんどん明るくなってくる
笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳から歩いてきた道もだいぶ明るくなった


5時50分に太陽があがってきました。太陽が上る前の朝焼けの景色も、昼間見る山の色と違って美しいものでしたが、槍穂の山脈の上に輝く太陽も絶景です。

笠ヶ岳から鏡平
槍穂の向こうから上ってくる太陽
笠ヶ岳から鏡平
黒部五郎の方角
笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳を照らす朝日
笠ヶ岳から鏡平

笠ヶ岳から鏡平
昨日登ってきた抜戸岳への分岐

抜戸分岐から秩父平へ

抜戸岳の分岐に6時15分に到着。
道は抜戸岳の影になっているのでまだ暗いですが、朝の尾根道歩きは爽やかで気持ち良いものです。しかも、早朝でほとんど人がいないので、山を独り占めしているような気分で歩けました。

笠ヶ岳から鏡平
ハイマツの尾根を進む
笠ヶ岳から鏡平
太陽がだいぶ高くあがってきた
笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳に太陽があたる
笠ヶ岳から鏡平
道も明るくなってきたし、さあ進みましょう!
笠ヶ岳から鏡平


山の稜線の向こうに双六、鷲羽などの北アルプスの雄大な山々が見えます。
道は小さなアップダウンの繰り返しです。

笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳から鏡平
尾根道ですが、アップダウンがあります。
笠ヶ岳から鏡平
雲に浮かぶ槍の穂先が、天空の城みたいです。
笠ヶ岳から鏡平



笠ヶ岳山荘を出発してから2時間ほどして分岐にやってきました。
弓折岳の方向に行くには、ここから秩父平へとかなり下ります。
大きな反り立つ岩に両脇を固められ、草紅葉に朝日があたってキラキラしている山肌を進みます。

笠ヶ岳から鏡平
笠ヶ岳から鏡平
秩父平の方向へ、下っていきます。

笠ヶ岳から鏡平
朝日を浴びて黄金色に輝く、秩父平へ下っていく
笠ヶ岳から鏡平
秩父平から見上げる。青空に月が浮かんで幻想的
笠ヶ岳から鏡平
大きい秩父岩が乗りかかるように聳え立つ

笠ヶ岳から鏡平
秩父平は少しだけ紅葉しています


秩父平には7時過ぎに到着。草紅葉で黄金色に染まり、赤く染まった低木がところどころに生えています。初秋の紅葉がキレイでした。

振り返って、下りてきた坂と秩父岩を見上げると、のしかかるような圧巻の光景でした。
昨日、宿で一緒だった人がここを上ってきたときにしんどかったと言っていましたが、これからこの坂を登ろうと思ったら、この景色が辛く感じるだろうな…。

秩父平から弓折岳へ

秩父平までは下りでしたが、今度のは登りになります。
ハイマツの丘を上っていき、更に山を登ります。今日もアップダウンがきつい道のりです。

笠ヶ岳から鏡平
ハイマツの丘を上っていく

笠ヶ岳から鏡平
ハイマツの丘を越えたあとはあの岩の上の方へ上っていく。
笠ヶ岳から鏡平
穂高連峰は朝もやの中
笠ヶ岳から鏡平
まだまだ登ります。ここは名もない山です。
笠ヶ岳から鏡平
またもハイマツの道。見通しがよい。
笠ヶ岳から鏡平
大ノマ岳

笠ヶ岳から鏡平
紅葉と山がいい感じに

笠ヶ岳から鏡平
雲の中にぴょこっと槍の穂先

8時45分ぐらいに「大ノマ岳」の山頂を通過しました。山頂の標もなかったので、ひとやま、やっと乗り越えた…ぐらいな気持ちです。

大ノマ岳からまた次の山が見えて、どこまでこのアップダウンを繰り返すのだろうと思いまし。

笠ヶ岳から鏡平
今度は山をおります。その先にまた山。

笠ヶ岳から鏡平
あれが弓折岳だろうか?
笠ヶ岳から鏡平
このあたりはしっかり紅葉しています

笠ヶ岳から鏡平
短い梯子があります。

笠ヶ岳から鏡平
大ノマ岳を振り返ったところ。
山肌のオレンジ色がきれい。
笠ヶ岳から鏡平
弓折岳へ再び登ります

笠ヶ岳から鏡平
空は青く、山は赤と緑に。

笠ヶ岳から鏡平
ここの紅葉が一番赤かったです。

笠ヶ岳から鏡平
弓折岳の最後の急な登り
笠ヶ岳から鏡平
弓折岳から眺める槍穂の山並み


弓折岳には8時半過ぎに到着しました。
山頂は道から外れた場所にあるので、結構疲れていたのでスルーして、その先を行くことにしました。笠ヶ岳から弓折岳まで3時間。長い道のりです。そしてまだ先も長いのです。

笠ヶ岳から鏡平
弓折岳の山頂近辺。
ここから双六岳の方へと進みます。
笠ヶ岳から鏡平
弓折岳。
山頂の標識はここから少し離れたところにあります。


弓折岳を10分ほど下ってようやく「弓折乗越」に到着しました。
ここからは鏡平へ下っていく、下山コースとなります。
穂高連峰や双六などの高い山々もそろそろ見納めとなります。
長い道のりでしたが、天気もよくて、人も少なくて、本当に最高の山歩きでした。
笠ヶ岳からの稜線最高です。

笠ヶ岳から鏡平
弓折乗越。すぐ目の目に槍ヶ岳が見えます

弓折岳分岐から鏡平へ

折角なので、笠ヶ岳山荘で購入したお弁当半分を朝ごはんで頂きました。
晴天の下、槍ヶ岳と穂高山脈を眺めながらのモーニングは最高!

笠ヶ岳から鏡平
炊きこみごはんがメインのお弁当

後から笠ヶ岳山荘で同室だったソロの女性の登山客がやってきたので、少しおしゃべりをしました。一人で大キレットなどを歩かれる健脚な方で、彼女から大キレットの話を聞いているととても行きたくなりました。

ごはんを半分食べたところで鏡平山荘へ向かって、下りていきます。
眼下に小さく鏡平山荘と鏡池が見えました。

笠ヶ岳から鏡平
下山開始。小さく鏡平山荘と鏡池が見えます。
笠ヶ岳から鏡平
山肌をぬう穏やかな道
笠ヶ岳から鏡平
梯子あります。

笠ヶ岳から鏡平
歩きやすし、景色も良い最高の道!

笠ヶ岳から鏡平
振り返ると弓折岳が見えます。

笠ヶ岳から鏡平
槍ヶ岳と鏡池

弓折乗越から30分ほどで、鏡平山荘につきます。
山荘前の木道は、一部が紅葉していて、明るい雰囲気でした。
数年前に、天気が悪くガスで真っ白な中通過したため、景色の記憶が全くなかったので、初めてきたぐらいの気持ちで歩きました。

笠ヶ岳から鏡平
紅葉している
笠ヶ岳から鏡平
鏡平山荘
笠ヶ岳から鏡平
山荘前の木道から来た道と山を望む

山荘前のベンチで休憩をして、なにか買い物しようかなーと思っていたら、先程のソロ登山の女性の方がやってきて、この先のベンチのほうが景色がよいよ、と教えてくれたので、山荘より先に行ってみました。

少し人が多かったですが、鏡池の横が木のテラスになっていて、その目線の先は鏡池と槍穂の山脈が広がっています。そう、鏡池に槍の穂先映る絶景ポイントです。
めっちゃきれいー。ちょっとだけ穂先が逆さになって池に映っている様子を撮影できましたよ。

笠ヶ岳から鏡平
鏡池に映る槍穂(ちょっとだけ逆さ槍が映ってます)

鏡平から新穂高温泉へ

鏡平で景色を堪能した後は、新穂高温泉へとラストスパートです。
9時半に鏡平山荘を出発、ここから新穂高温泉までは3時間ほどかかるので、
バスの時間も見ながら少し急ぎ足で下山します。

鏡平から新穂高温泉へ
鏡平から先の木道。

鏡平から新穂高温泉へ
山の稜線を眺めながら登山道をおりていく

鏡平から新穂高温泉へ
登山道は岩が多く、道幅が狭い。
鏡平から新穂高温泉へ
シシウドヶ原。10時10分頃到着
鏡平から新穂高温泉へ
今日も山はいい天気。

鏡平から新穂高温泉へ
ヤブの間を細い道がずっと続く。
すれ違いもしにくいぐらい狭い場所がありました。
鏡平から新穂高温泉へ
イタドリヶ原
鏡平から新穂高温泉へ
こんな大きな岩があります


10時半、沢まで下りてきました。
周囲が木に覆われている道を歩いたため風も通らず、標高が下がるにつれ暑くなっていたので、
初秋とはいえ、かなり汗をかいています。
この沢の水は涼しげ・・・入ったら気持ちよさそう。

鏡平から新穂高温泉へ
沢を渡ります。
鏡平から新穂高温泉へ
沢から望む山。だいぶ下りてきました。
鏡平から新穂高温泉へ
川が流れている。水が綺麗。
鏡平から新穂高温泉へ
初秋というより、夏の終りの空のよう。


11時に小池新道登山口に到着しました。
ここから、新穂高温泉まで1時間近く林道を歩きます。

鏡平から新穂高温泉へ
山を下りきって林道にはいります。


登山口から20分歩き、わさび平小屋に到着しました。
小屋の前、木の桶の中で、きゅうり、トマト、バナナ、みかんが水に浸っています。
うわー冷えていて美味しいそう…と、思わずトマトを買っちゃいました。
みずみずしいトマトを頂いてしばらく休憩です。

鏡平から新穂高温泉へ
わさび平小屋
鏡平から新穂高温泉へ
野菜や果物が水に浮かんでいる
鏡平から新穂高温泉へ
tととmとまとまtとまとトマト、いただきます〜

わさび平小屋の近くに笠新道の登山口があります。
昨日ここから登ったのですが、かなり昔のできごとのようです。
やっぱりこの坂、急だったな…しばらくは登りたくない…。

鏡平から新穂高温泉へ
笠新道の登山口にもどってきました

林道を50分ほど歩いて、新穂高温泉に戻ってきました!
12時20分、笠ヶ岳山荘を出発から7時間20分の行程でした。

鏡平から新穂高温泉へ
新穂高温泉に到着

バスのチケットを買う時に聞いたら、12時台の松本への直通バスは9月はもう出ていないとのことでした。急いで下りてきたのに残念でしたが、13時半の平湯行きのバスに乗り、平湯で温泉に入ることにします。

平湯に着いたら「ひらゆの森」という立ち寄り湯がバス停の近くにあるので、こちらで2日間の汗を流しました。

平湯
立ち寄り湯はひらゆの森
平湯
平湯のバスターミナルで風呂上がりのソフトクリームいただきます。


平湯から松本に戻ります。
おなかが減ったので松本駅の立ち食いそば屋さんで、ざるそば+山賊焼きの下界メシです。
やっぱり、松本。そばが美味しい!

松本の蕎麦
立ち食い蕎麦ですが、蕎麦クォリティ高い!美味しい


夜行バス+1泊2日の笠ヶ岳、途中ガスった場所もありますが、天気には恵まれて楽しい山旅でした。笠ヶ岳新道は噂に違わぬ急登でかなり疲れましたが、笠ヶ岳から鏡平へは絶景の連続、今年一番のルートでした。

ただ、笠ヶ岳山荘で山バッチが売り切れていて、笠ヶ岳のバッチを買えなかったので、もう一度あの高みを目指して登らなくちゃ、と思っています。