【日光雲龍渓谷1】霜降高原でスノーシュー体験

【日光雲龍渓谷1】霜降高原でスノーシュー体験

初めてのスノーシューと、
冬の日光東照宮

1年にこの時期しか見れないという日光の雲龍渓谷の氷瀑・氷柱ツアーに参加しました。ツアーは「山から日本を見てみよう」を利用させていただきました。新宿からバス往復、ガイドさんもついて、1泊2食つき、道具レンタルも込みで25000円という、ものすごくリーズナブルなツアーです。

霜降高原でスノーシュー体験

1日目は新宿に7:15集合し、バスで栃木県の「霜降高原」へ。
ここでスノーシューの体験をします。
私は初めてのスノーシューで履くの一苦労でしたが、歩き始めたら歩きやすくて楽しくなってしまいました。


▲借りたスノーシュー。ベルトが4本ぐらいあって止めるのがちょっと大変。
スノーシューはいろんなタイプがあるみたいです。


▲スノーシューを履いて、みんなで登っていきます


▲スノーシューで山の中腹まで登りました。冬の晴天は空が本当に綺麗です。


▲雪をかぶった山々が見えます。冬ならではの光景。

冬の日光東照宮見学

スノーシューの体験は2時間ぐらい。ちょっと遊んでこの日は宿に帰ります。
宿の近くに東照宮があるので、着いてからすぐ観光に出かけました。

 

まだ修復中でしたので、残念ながら工事中のところが多かったのですが、
雪の中の東照宮っていうのも良いものでした。


▲色を塗りなおしているそうです。


▲塀に彫られた彫刻も見事です。少し雪があるのものいい感じ。


▲塗りなおし中なのか、白いレリーフ


▲三猿。でもこれはレプリカで、本物は修復中だそう。


▲眠り猫発見。


▲門の天井にある龍の姿も立派です。

最後に「鳴龍」ということろへ。
こちらはお寺だそうで、天井にある龍の絵が有名。
龍の目の下で拍子木を打つと、鈴のような音が響いてくる不思議な天井絵です。
この時聞こえた鈴の音と似たような音の鈴「鈴鳴龍守」が販売されているので、
運気アップのお守りとして購入しました(実演販売みたいで商売上手…)

今日の宿は、春茂登というホテル。
古くからあるホテルではありましたが、夕食は肉も魚も鍋もうどんもあって
ボリュームたっぷり。満足のご飯タイムでした。
(やっぱり日光名産の湯葉の煮物が美味しかった…)

今日は宿で早めに寝て、明日はメインの雲龍渓谷に行きます。